top

ポートレートギャラリー / 開催スケジュール

ギャラリーよりお知らせ

■2018年上期ギャラリー会場使用のお申込みは8月31日(消印有効)までとなります。
詳しくは、HP内のギャラリーよりお知らせの「ご利用について」をご覧ください。

■5月11日(木)より開館時間が下記のとおり変更いたしました。
ご来館の際にはご注意ください。
月曜〜金曜 午前10時〜午後6時(会期最終日は午後3時終了) 土・日・祝日午前11時〜午後6時

■会場内に展示スペースを設けております。展示物(DM、チラシ)等ございましたらお送りください。

開催スケジュール ※展覧会タイトル文字をクリックすると、DM画像をご覧になれます。

光の心象風景

会期 8月17日(木)〜8月23日(水)

旅が好きで毎年、国内はもとより海外まで、いろいろな場所に出かけました。優しく風を感じる季節から,厳しい肌にさす様な冬の季節まで、多くの美しい風景に出会い多くの感動をいただきました。 心が踊りいやされて行く感覚を味わいました。心で感じた光に現れる風景を感じたままに表現いたしました。

「ヒメサユリ」池森 敬二

「ヒメサユリ」池森 敬二

会期 8月24日(木)〜8月30日(水)

フラワーフォトクラブは今年で38年目を迎え、第40回目の写真展を開催することができました。私たち仲間は、野に花が満ち、山に花があふれ、水辺に花が咲きほこる・・・そんな光景に巡り遇える幸運を祈りつつ、花を求めて各地に出かけ、カメラに収めた作品を展示します

「聖山に林立するダルシン」

「聖山に林立するダルシン」

会期 8月31日(木)〜9月6日(水)

天を衝く険峻の連なり、幾重にも刻まれた深谷、仙境に生きる人々の活き活きとした人間模様、大地と天空が織りなす無限の光景など……。わが心に映える「シャングリラ」に魅せられ、中国大陸辺境への撮影巡礼25年の成果を写真用和紙「おおむらさき」にプリントアウトして展示するものです。和紙プリントが醸し出す風合もご高覧下さい。

「夕風」金子 勲夫

「夕風」金子 勲夫

会期 9月7日(木)〜9月13日(水)

毎月の月例会を東京で行っているため、インターネットを通して四国・九州・関西から会員が参加して(総勢約40名)で作品講評をしています。活動は毎月各自の作品の発表と角尾栄治・二科会会員による指導、月会誌刊行、撮影会、クラブ展、海外撮影旅行などです。今年も、ポートレート・国内スナップ・海外スナップ・ネイチャー・動物と多彩に作品展示します。

「相州浦秋屋の里」橋 泰樹

「相州浦秋屋の里」橋 泰樹

会期 9月14日(木)〜9月20日(水)

私たちは、「自由闊達に写真を楽しむ」キヤノンOB有志の会です。 日頃より、和気藹々の例会活動や撮影会などを通して、それぞれの写真表現力向上に努めています。年に一度の写真展開催もお陰さまで第9回目、今回も幅広い分野の個性的な作品群を半切額装や大判プリントなど、自由でユニークな展示形態で出品しています。

「風の風景」黒須 信市

「風の風景」黒須 信市

会期 9月21日(木)〜9月27日(水)

写団創美は、自宅インクジェットプリントによる美しいモノクロデジタル写真を「創ろう、発表しよう、残そう」と発足した同人です。展示作品は、統一テーマを「日本の自然美」とし、9人が各自自身のテーマを定め、4枚の組・連作写真としてまとめたものを、自宅プリンターでA3ノビサイズにアウトプットしたものです。

「ザグレブの走る文化遺産」矢崎康雄

「ザグレブの走る文化遺産」
矢崎康雄

会期 9月28日(木)〜10月4日(水)

昭和9年創立の慶應義塾大学鉄道研究会OB並びに現役による鉄道をテーマとする写真展であり、幅広い年代層の会員が各々の思いを込めた作品を出展します。数十年昔の懐かしい情景から最近の画像まで、さらには世界各地で撮った鉄道風景が並び、まさに“古今東西”を集めたユニークな鉄道写真展です。

このページのトップに戻る

メール