top

平成29年度事業計画書

《中長期戦略企画室》

  1. 文協・写館協会員の利益追求と目的意識の確立による組織・事業・事務の統合・分離の明確化と効率化の推進
  2. 写真会館建替え(4年先を目途)構想の確立とそのスケジュール化の推進
  3. 会員減少の中、会員維持・拡大策の検討推進
  4. 上記実現のための定款の検討見直し案の策定及び改定

《総務部》

  1. 写館協との一本化への推進(事務局効率化・中長期との連携)
  2. 組織の刷新
  3. 各部連携の強化策の検討と推進
  4. 功労者表彰(写真芸術の発展に功績のあった個人及び団体の表彰)
  5. 任期満了に伴う役員改選(写館協役員の兼任化の推進)
  6. 総会・理事会・分科会他会議・打合せの招集・運営
  7. 関連団体との情報交換と関係強化
  8. 技能検定活性化対策の構築による受検促進と、資格者のステイタス向上対策
  9. 写真著作権協会との連携強化による会員への著作権思想の更なる浸透

《財務部》

  1. 平成29年度予算の遂行管理
  2. 月別予算使用実績管理推進
  3. 会員減のための収入減による会費の効率的な運用
  4. 平成30年度予算の策定(各部との折衝)・・・採算性を考慮した各部予算案策定の推進

《事業部》

  1. スクールフォトビジネスの構築
    • @ 第64回全国展学生部門の実行推進と次回の企画推進(文化部と協力)
    • A 小中学生への写真教室実施のための企画とその実行(金沢・姫路・熊本・兵庫加西)
    • B 写館協との協働による学校写真活性化活動の推進(地域写真館が講師となり実施)
    • C JRに対して、修学旅行随行の運賃団体割引適用措置の更なる推進
  2. フォトカルチャービジネスの構築
    • @ 写真館アーカイブ活動の展開(文化部と協力)
    • A 全国展入賞作品のアーカイブ化とその用途開発(ダイコロ鰍ニ協力)
  3. 新規収益事業の構築と既存事業の見直し効率化の推進

《国際部》

  1. 国際交流の推進・・・写館協・PPJとの連携強化によるアジアフォト連合、WPCとの交流
    • @ UAPPアジアフォト連合 定例会議の出席(11月タイ フォトフェアー会場にて開催)
    • A WPC定例国際会議への出席
  2. 2018WPCオーストラリア大会の応募促進活動(8月末締め切り)の展開と国内審査の実施
    • APA、JPS、写館協他との連携による更なる活性化の推進

《文化部》

  1. 全国展フォトコンテストの実施
    • @ 第63回表彰式・入賞写真展の開催
      表 彰 式:
      平成29年5月28日(日)、東京都美術館(東京・上野)予定
      写 真 展:
      東京都美術館(東京・上野) 平成29年5月28日(日)〜6月4日(日)
      富士フイルムフォトサロン札幌 平成29年9月15日(金)〜9月20日(水)
      富士フイルムフォトサロン大阪 平成29年9月29日(金)〜10月5日(木)
      富士フイルムフォトサロン福岡 平成29年10月13日(金)〜18日(水)
      ポートレートギヤラリー(東京・四谷) 平成29年12月21日(木)〜27日(水)
    • A 第64回全国展フォトコンテストの企画推進
      • 第63回の総括による更なる充実を図る(特に第4部学生の部の検討)
  2. 写真の日記念講演の開催
    • @ 第66回写真の日記念講演
      日  時:
      平成29年5月28日(日) 、第63回全国展表彰式と同日開催
      会  場:
      東京都美術館(東京・上野)
      講  師:
      写真家 田沼武能氏
    • A 第67回写真の日記念講演の企画検討
      日  時:
      第64回全国展表彰式(平成30年)と同日開催
      会  場:
      東京都美術館(東京・上野)
      講  師:
      写真家 中村征夫氏
  3. ポートレートギャラリーの維持運営
    • @ 維持対策の実施・・・メンテナンスの実施
    • A 会員写真展促進活動の展開 会員特権の更なる充実を図る
    • B 個人展の実施促進、個人展開催のため具体案の実施(1/2の試験的展開)
    • C 企画展の開催
      • 新年企画展の開催:平成30年1月6日(土)〜17日(水)中村征夫氏
      • 平成31年新年企画展の立案
  4. 写真普及び写真文化・芸術に関する調査・研究・表彰(継続実施)
    • @ 写真に携わる一般人や高校生への写真普及事業の展開
      • 写真普及を目的として写真愛好家や都道府県高等学校写真連盟等の写真活動を支援し、当協会賞を設定、優秀な作品の顕彰に寄与する
    • A 最新写真情報の調査・研究並びに関連資料の収集
    • B 写真作品・写真に関する書籍・情報の収集・保存
      • 写真館収蔵写真の散逸を防ぎ保存を推進する
    • C 写真愛好家の育成拡大と小中学生向き写真教室の実施
      • 地域社会における、写真愛好家の育成拡大のための写真教室開催の検討企画
      • 小中学生への写真教室の開催(事業部と協力実施)
  5. 全国10ブロックへの講師派遣の推進(継続実施)
    • 各ブロック主催の講習会・研修会等への講師の派遣又は派遣にかかわる経費の補助
  6. 下岡蓮杖翁の顕彰(継続実施)
    • @ 墓参会の企画実行、毎年 3月3日染井霊園(東京・巣鴨)に墓参
    • A 下岡蓮杖翁顕彰慰霊祭(下田市)への参加、平成29年6月12日(月)予定

《広報部》

  1. 文協の知名度・ステイタス向上にための活動の推進
    • 文協からの情報発信と受信窓口としての活動の展開
      • @ 全国写真愛好家・メーカー商社・業界誌への文協PR活動の展開
      • A 写真団体との交流活動の推進
      • B 全国展フォトコンテスト広報活動展開による応募促進策の実施(文化部と協力)
      • C 会員内外への夏期大の更なる伝播による参加人員の拡大
  2. 写館協機関誌「ザ・写真館」編集部との連絡会の定例実施と合本・統一化への検討
  3. 機関誌「写真文化」の更なる充実
    • @ 協会事業の報告告知 : 総会・理事会・全国展・夏期大等・各部協力体制による報告
    • A 既存掲載内容の更なる充実と新企画の検討と実施
    • B 全国会員からの情報収集の確立 (ブロック・都道府県広報担当との情報連携体制の構築)
    • C Webとの連携による情報伝達の検討実現
  4. 写真文化特別号「第63回全国展フォトコンテスト入賞入選作品集」の発刊
    • @ 発  行:平成29年5月予定
    • A 配  布:会員全員に配布し、全国展への応募促進
  5. 70周年記念誌発行(平成31年6月) のための編集活動の開始
  6. 写真集・図録の編集発行
  7. IT関連
    • @ 会員名簿の電子化の有効活用推進(付加価値の追加)
    • A ホームページの更なる充実
    • B 写館協ホームページとの統一化の検討

《教育訓練部》

  1. 第54回夏期写真大学講座の開催
    @ 期  日:
    平成29年8月1日(火)〜4日(金)予定
    A 会  場:
    東京工芸大学 中野キャンパス
    B 募集人員:
    Aコース(基礎)、12名、Bコース(撮影)20名、Cコース(応用)15名
    専門コース(和装婚礼振付)16名、専門コース(七五三成人着付)5名
    特別コース(川地写真塾)10名               合計78名
  2. 第55回夏期写真大学講座の刷新案の策定・推進

このページのトップに戻る

写文協へのメールはこちら