top

その他

写真著作権について

著作権法は、著作物を「思想または感情を創作的に表現したものであって文芸・学術・美術または音楽の範囲に属するものをいう」と定め、写真も著作物に含まれます。
一般に、プロ写真家は、主題の決定、複写体、構図、カメラアングル、採光、シャッターチャンスなどの選択や調整に独創的な工夫をしています。営業写真家はそのほかに原版修整や、現像焼付のプロセスにおいて独創的な工夫をしており、写真館の写真も著作物に包含されます。パスポートや受験用写真であっても、顔立ちによって照明を工夫したり、表情の誘導やシャッターチャンスに創意工夫がされていれば、著作物として認められます。

著作物の著作者には著作権が認められ、法的に保護されます。著作権には、財産権としての権利と著作者人格権とがあります。財産権として複製権、展示権、貸与権その他が認められており、著作物を自ら使うだけでなく、他者の利用によっても著作権の経済的利益が確保できるのです。
著作者人格権には、公表権、氏名表示権、同一性保護権などがあり、同一性保護権は、著作物の題名や内容が著作者の同意なしに複変されたり、トリミングなどにより部分的な使用をされないように定めたものです。
複製権は著作権の根幹をなす権利で、委属を受けて有償で制作した写真であっても、著作権は委属者ではなく著作者にあり、複製の権利は著作者が保有します。著作者に無断で複写・複製することは、著作権法違反であり、罰則の対象になります。写真館では一般に原版の譲渡をしませんが、その理由の一つとして複製権保有があります。そのほか、色調や濃度、トリミングなど、品質を確保し、責任をもつため、自らの複製にこだわるという理由もあります。
ただし、原版譲渡も含め、財産権としての著作権は譲渡が可能です。譲渡希望者は、作品ごとに著作権と契約する必要があります。

著作権主要関係団体
【著作権全般】
文化庁文化部著作権課
〒100-8959
東京都千代田区丸の内2-5-1
03-5253-4111
【著作権全般・資料センター】
(社)著作権情報センター
〒163-1411
東京都新宿西新宿3-20-2
東京オペラシティタワー11F
03-353-6921(代表)
一般社団法人 日本写真著作権協会
〒102-0082
東京都千代田区一番町25JCIIビル304
03-3221-6655

このページのトップに戻る

写文協へのメールはこちら